50歳からのエイジングケア

50歳からのエイジングケア
50歳からのエイジングケア

50歳からのエイジングケア

最近「美魔女」という言葉をよく耳にします。
魔女なんて、ちょっと恐ろしい感じもするけれど、要は、普通では考えられないほど美しいということらしいのです。
美魔女と言われる女性は、ただただ、美しく着飾っているわけではありません。
彼女たちは着飾るお洒落とボディを磨くお洒落、内から外から美しくなることを怠りません。
50歳ともなれば、シミ、シワ、たるみ等あって当たり前と思っている方、諦めるのは早すぎます。
人間は120歳まで生きることができると言われるようになりました。
そうなると、50歳なんてまだまだひよっ子です。
老け込んではいられません。
すぐにエイジングケア美容を始めましょう。
そうすれば、-10歳肌を取り戻すことができます。
50歳過ぎると、肌のバリア機能が落ちてきて、敏感になってきます。
敏感肌になるとどうなるのでしょうか。
肌の角層が荒れてしまいます。
角層が荒れると、紫外線、ほこり、乾燥といった外部の刺激から肌を守ることができなくなります。
水分は蒸発してしまい、刺激による微弱炎症を繰り返すこととなります。
そうして、コラーゲンが切断され、その結果、ハリや弾力を失い、シミ、シワ、たるみへと繋がっていくのです。
50歳からのエイジングケアは、失ったバリアを形成することから始まります。
肌はサイクルです。
形成されて消える、同時に再形成されます。
この美肌サイクルを創り出すことが肝要と言えます。
バリアを形成するためには、水分の蒸散を防がなければなりません。
水分こそが、紫外線、ほこり、乾燥を撃退してくれる強い味方となります。
特に、紫外線は要注意です。
紫外線にはA波とB波があります。
A波は、肌にダメージを与え、乾燥やシワ、たるみを引き起こします。
B波はメラニン色素の生成を促進し、シミ、そばかすの原因となります。
最近ではエイジングケアとしての、スキンケア商品が開発されて、クレンジング・ソープ・ローション・クリームにナノサイズのヒト型セラミドやアミノ酸が配合されたものが売られています。
そのような商品を使うことによって、肌の保水機能を高めることができます。
美魔女への階段を上ってみてはいかがでしょうか。

話題の美容に関わる話は、ココがイチオシです。。